スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中義剛の花畑牧場の経営生キャラメル事業

最近は田中義剛さんの花畑牧場の売り上げがすごいですね。

今までは生キャラメルがメインでしたが、生キャラメルもプレーンだけではなくチョコレートやホワイトや抹茶や苺味などいろいろな種類が出ています。

それに加えチョコレートでコーティングしたものや北野武さんがデザインしたパッケージを使うなど話題性もありますね。

チーズタルトやプリンやクリームもありますし、チーズのカチョカヴァロやホエー豚なども販売しています。

しかし田中義剛さんは最初は借金に苦しんでいたそうです。そんな中から生キャラメルが売れ始めて一気に年商60億になったそうです。

田中義剛さんは食品は手作りなので失敗するものだという前提で価格も設定しているので、躊躇無く失敗作品は売らないという決断ができるそうです。

おいしい食べ物を提供できるように、手作りや手間のコスト分も価格に入れて高いけれど食べたくなる商品を作るようにしているそうです。

東京でもホエー豚を使った丼のお店がオープンしましたね。


芸能人は知名度があってもそれが事業へ売り上げにつながるものでもありません。その商品へのこだわりや追求こそが愛される商品へと変わっていくのですね。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。