スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツ選手は選手生活の後には飲食店を経営する場合

スポーツ選手は実力の世界なので年齢が30代後半~40代にあたりになってくると引退の可能性が高くなり、その選手生活を辞めなければならなくなります。


だいたいJリーガーであれば平均引退年齢は26歳なのだそうです。力がある選手は三浦和良選手のように40代までプレーする人もいます。

プロ野球選手の平均引退年齢は31歳です。こちらもケガもあまりなければ40代まで活躍する選手もいます。

スポーツ選手の引退後は所属していた球団の職員として働く場合や、人気選手ならば解説者やタレント的な活動をしたり、自分で店を経営する場合などがあります。


その後の仕事というのは人間関係の広さや人脈によっても決まっていくそうなので、こういうところでもやはり人間関係は大事なようです。



スポンサーサイト

酒井法子はファッションをプロデュースしていた

女優として活動していた酒井法子ですが、中学生あたりに芸能界に入り、その後はアイドルとして活動し、自身のキャラクターグッズができたり、歌手として碧いうさぎがヒットしていろいろな分野で活動をしていました。


結婚してからはママタレントとしてチェンジした感じですね。長男を出産してからはファッションのプロデュースをしたりデザインをしたりとして活動も広がりました。


その頃の年収は約1億2000万円だったそうです。そのブランドは今年も取り扱われていたので、人気が出ていたと言うことでしょうね。


とくに顔が小顔に見えるという帽子が人気だったようです。もうノリピーの帽子という感じで定着していたようです。


君島十和子さんはコスメなどをプロデュース

元女優でカリスマ主婦として有名な君島十和子さんはファッションの会社を経営する人と結婚しました。


その後は2児の母親となり夫の会社の仕事に携わっていますね。「フェリーチェトワコ・コスメ」という自身のブランドコスメなどを取り扱っていて、通販番組などに登場しています。


ここのところはテレビでの出演もあまりありませんが、時々テレビ情報番組にも登場するみたいですね。


芸能界での経験や知名度が今になっても夫の会社であったり、自身のコスメブランドに活きている感じです。



最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。